育毛剤 おすすめ 市販よりも通販がおすすめ!

育毛剤をおすすめする前に確認したいのが、頭皮を触るとベタベタする、かゆみを感じる、という症状が出ている場合には、皮脂過剰によるオイリー型薄毛の可能性があります。酸化した皮脂が毛根に付着し、さらには頭皮に異常菌が繁殖して吹き出物や炎症を起こす可能性もあります。また、脂漏性(しろうせい)脱毛症という抜け毛の原因にもなり兼ねません。本来、適度な皮脂の分泌は殺菌作用があり、頭皮にとって必要な事なのですが、脂肪分や糖分が多い食生活を送っていると、頭皮の毛穴から過剰な皮脂が分泌されてしまうのです。その結果、皮脂ご毛穴を塞いでしまい、酸化して毛根の細胞にダメージを与え、毛根細胞が正常に働くことができなくなり、髪の成長を遅くしてしまうのです。安易に、シャンプーなどで頭皮の皮脂を取り除けば良いと考える人がいるかもしれませんが、洗浄力の高いシャンプーは皮脂を取りすぎてしまう場合があり、そうなると逆に頭皮は、皮脂を更に過剰に分泌してしまいます。大事なのは、適度に皮脂を残しながら余分な皮脂を抑制していくことなのです。
対処法としては、食生活での脂肪や炭水化物の過剰摂取に注意し、栄養のバランスを考えた食生活に変えること、不規則な生活をせず、規則正しい生活をすることなどが挙げられます。そのうえで、皮脂抑制タイプの育毛剤の使用をおすすめします。皮脂分泌抑制効果があると言われている成分はいくつかあるのですが、特にビタミンB6やビタミンB2がとても重要です。ビタミンB6やビタミンB2には、皮脂の分泌を正常にコントロールするという働きがあり、正常な頭皮環境を作っていく上で必要不可欠な成分です。なので、皮脂抑制タイプの育毛剤の中でも、ビタミンB6やビタミンB2が配合されている育毛剤がおすすめです。
頭皮環境を正常化する為に、少しずつ日常生活から改善していき、継続して育毛剤を使用する事をおすすめします。

育毛剤をおすすめするには理由があります

育毛剤をおすすめするには理由があります。育毛剤には様々な成分が含まれ、それらがどんな役割を果たす成分であるか理解すれば、育毛剤を購入するときにも間違わずに買い求めることができるため、必要成分の名称はある程度覚えておくことをおすすめします。
ここでは代表的なものをピックアップしていきます。

 

1.センブリエキス
→細胞分裂促進効果、保湿効果がある
2.グリチルリチン酸
→毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こすのを防ぐ(抗炎症作用)
3.ビワ葉エキス
→毛髪の成長を促進させるFGF-7の生産を促進し、成長期の停止に関わるFGF-5の働きを抑制する効果がある
4.ボタンエキス
→血行促進効果や抗炎症作用がある
5.ニンジンエキス
→血行促進作用や保湿作用がある
6.オウゴンエキス
→5αリダクターゼの生成を抑制する効果がある。消炎、保湿、抗アレルギー、抗酸化作用がある
7.シナノキエキス
→血行促進作用、保湿作用、抗酸化作用がある
8.ヒオウギエキス
→5αリダクターゼの活性化を低下させる

9.ヒキオコシエキス
→発毛促進作用、保湿作用、収れん作用、抗菌作用がある
10.ノコギリヤシ果実エキス
→5αリダクターゼの活性化を防ぐ効果がある
11.ソウハクヒエキス
→保湿効果や消炎作用、抗酸化作用がある
12.酢酸トコフェロール
→抗酸化作用や抗炎症作用を持つ。ビタミンEに変化して発毛促進をサポートする
13.シモツケソウ
→血流を促進して、毛周期の退行期へと誘導する因子をブロックする

 

ここに挙げたのはごく一部ですが、それぞれの役割をこの様にある程度、把握しておく事をおすすめします。そうすれば育毛剤を選ぶときの参考になり、あなたに合うおすすめの育毛剤に出会えるはずです。

 

育毛剤おすすめの特徴

それぞれに特徴を持つ、発毛剤・育毛剤・養毛剤ですが、薬機法(旧薬事法)上はどのような分類になるのでしょう?そもそも、薬機法上の分類には、医薬品・医薬部外品・化粧品があります。
医薬品は病気の治療や予防を目的とするもので、厚生労働省により認可を受けたものに限られたものを指します。医薬品の中には医師しか処方できない医療用医薬品と、薬局でも販売できる一般用医薬品があります。因みに、高いホルモンバランス調整効果を求める方におすすめの育毛剤であるプロペシアは、医師の処方が要るため医療用医薬品ですが、高い発毛効果を求める方におすすめの育毛剤であるリアップは、処方が必要ないので一般用医薬品に該当します。発毛剤の多くがこの分類になります。
次に医薬部外品という分類があります。
医薬部外品は、厚生労働省が認可した効用のある成分が配合されていますが、病気の予防を目的とした商品を指します。医薬品と違って病気の治療効果は認められていません。副作用が気になる方におすすめの育毛剤の多くがこの分類になります。
化粧品は、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物」(薬機法第二条第三項)とされており、毛髪ケアを目的とした商品を指します。養毛剤の多くがこの分類になります。
以上が発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いとその薬機法(旧薬事法)上の分類です。主に医薬品に分類される発毛剤、医薬部外品に認定される育毛剤(薬用育毛剤)、薬機法上の分類に入らない養毛剤、この3つは実は似て非なるものなのです。よく理解した上で商品を購入することをおすすめします。